忍者ブログ
         ~仕事のち遊び、時々ブログ~
Admin・:*:・Write・:*:・Comment
[53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [40
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中学を卒業して以来、
付き合いの無かった同級生との話です。

再会のきっかけは少し前に開かれた同窓会。
その時に連絡先を交換していましたが、
今日突然その彼から電話で
「家の鍵を忘れて入れない。困っている」
というような内容の話がありました。
彼は実家暮らしで、一緒に暮らしている家族は月曜まで帰ってこないとのこと。
車を持っていないので移動もままならない、
他の友人に連絡もしたがつかまらないなど、
どうやら困り果てて私に連絡してきたようです。

その時、私は運良く彼が電話してきた場所から近い地域にいたので
車で迎えに行って彼を回収し、
「とりあえず家まで徒歩圏内のビジネスホテルにでも泊まったらどうか」
と提案したのですが、
「所持金が無い。銀行のカードも持ち歩いていないので引き出せない」
と言います。
彼の外出していた理由は”友達と遊びに”と聞いていたので、
現金を持たず遊んでいたのか、遊びで使い切ったのか…
いずれにせよ私が彼に提示できる選択肢は以下の三つ。
 
 A:自宅に泊める
 B:彼の友人宅に送り泊めさせる
 C:宿泊費を貸す

できるだけ金銭の貸し借りはしたくないので、まずA案とB案を提示。
しかし彼は
「明日仕事があるというなら泊めてもらうのは申し訳ない」
「この近くに泊めてもらえるような友人はいない」…と。

そいつはこちらも困った…と眉を八の字にしていたら、
彼は少し口ごもりながらこんなことを言い始めました。

「3千円で泊まれるホテル知ってるんだよね…。だから最初は
他の友達に連絡して5泊分…1万5千円くらい借りられないか
聞いてみたんだけど、金持ってないって言われてさぁ…」

…ん?

家族は月曜に帰ってくるのになぜ5泊分必要なのか…。
まだ金を貸す選択肢を提示していないのに具体的な金額が出てきた…。
これは…いったいなんじゃろか?
考えたくないもない事が頭をよぎります。

とにもかくにも
随分と交流の無かった相手に連絡をとるくらいなので
余程困っている事は間違いないのでしょう。
彼の困っている理由が話していることと違ったとしても
彼の言い値を貸してやるべきなのか否か。

結局
彼を近くのビジネスホテルまで送り、
一泊分の宿泊費を渡したうえで
「家族が帰るまでに何か困ったらまた連絡しろ」と伝えて帰ってきました。

助けを求める人に疑いの目を向けたこと、
もしその疑いが当たっていた時のこと、
どちらを考えても心が痛いです。

小学生の頃は
彼を含むクラスの仲間とよく校庭でサッカーをして遊びました。
当時の私と今の私は、同じ自分であって異なる存在。
当時の彼と今の彼もまたしかり。
あんなに大人になりたかったのに
オトナになった事を実感する時は、きまって寂しい気持ちになります。

成長と純粋さのパラメータが反比例しない人は
きっと沢山の人に愛されるんだろうなー。




PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(11/29)
(09/27)
(09/14)
(09/02)
(08/15)
(08/04)
(07/27)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Ken@Cloud6
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
Copyright©  つぶやき飯店 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 中華素材*ASIAN SOZAI
Template by わらみ~
忍者ブログ [PR]