忍者ブログ
         ~仕事のち遊び、時々ブログ~
Admin・:*:・Write・:*:・Comment
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

更新が滞っていたのには理由があります。
バイクに乗ったまま波に飲まれる事故からおよそ1ヵ月半、
10月中旬に再び事故に遭っていました。

これまたバイクに乗っている時、
信号を無視して突っ込んできたネパール人の運転する車に
見事に跳ね飛ばされました。
短期間に2度の救急搬送。
さすがに今回は相手が鉄のカタマリだったので
ちょっとやそっとのケガで済むわけもなく…
そんな事情で更新してなかったんですな。

病院も移る準備をして、本日北の国に戻ってまいりました。
とりあえずの近況報告まで。
PR
事故からおよそ一ヶ月が経過しようとしている中、
傷の治りを早めるという大義名分を掲げて
温泉旅行に行ってきました。

和室に浴衣、香る湯気と川のせせらぎ…
求めていたのはコレだっっ。
しかしながらタイミングの悪いことに
台風が上空を通過したばかりだったので、
川は濁りきっているうえに
渓流の脇にある景観の良いことで有名な露天風呂は
川の増水で壊れてしまって入浴不可。
しかたがないので普通の大浴場で我慢。

棚ボタ式にとれた3連休をフルに使っての旅行プラン、
今回泊まった山の中の温泉旅館の近くには見どころが結構あって
そのうちの一つが滝。

110923-103434.jpg










すげー。



この規模の滝は
生まれて初めて見ました。

滝をバックに写るも逆光で顔が見えないチビ。
110923-102953.jpg










チビなので滝が余計に大きく見える…




鮎の塩焼きも食べて、
とっても癒された三日間でした。


 
愛知に引っ越してから2週間。
ここもまた海の脇、山を背にする環境。
怪我が少しずつ回復してきていて
腹と腕の痛みがもう少し落ち着けばもう少しマシに動けそうです。

こんな体でもできる仕事だけでもこなさなきゃならん感じで
過酷でしたわ…。

先日、
事故の件で親が心配して来てくれました。
(以前から予定のあった旅行のついでらしいけど)
いろいろと世話を焼いてくれてありがたかった。
チビは特にこっちに用事がある訳でもないのに来てくれて
まぁ、気持ちはありがたかった。

自然や街並みはキレイなはずなのに
美しいと感じられないのはなんでかなー。


仙台の出張が終わったと思ったら
愛知へ転勤の時期だったんだなー。

無難に新幹線で移動しようと思ったけど
最近はなんだかバタバタしてたし
今回はのんびりしたくてバイク移動にしました。

茨城から都内を抜けて横浜、
湘南から箱根、富士を通過して
19時頃に由比町の海岸線を走っていたら
バイパスの高い壁を越えて波しぶきが飛んで来るっ。
屋根が無いので雨のようにモロかぶってしまう。

台風きてるから波高いんだなー。
壁をたたきつける波の音がスゲー。
夜の海とか、黒い波とか怖いな~。
津波とか、実際に見たらシャレにならん恐ろしさだろうな~。

「…でも通行止めにまではなってないし、大丈夫か…」

そう思った瞬間

ドッッ ォォッーーーーン

高い壁を軽々と越えてきたそれは
思ったよりもゆっくりと 覆いかぶさってくる
白黒のマーブルで ひたすらデカく そして

重い。

目を開けたら
左車線の一番左端を走っていたはずの自分は
中央分離帯付近に落ちていて
道の真ん中あたりに転がってるバイク。


雨はまだ降ってなかったのに
あたり一面水浸しで、誰かが近くで叫んでる。
  
「大丈夫かーー!今救急車くるからガンバレ!」

いやいや、自分はダイジョブです…って
エエッ?これ、俺の血? ギニャー

でも、あんまり痛くないなー。
つーか、ズブ濡れのせいで寒くて感覚があんまりない。

救急車の中で、着ていたTシャツをハサミで切られてしまって
モッタイナイ…けど血まみれだしイラネーか、と思っていたら
急に痛くなってきた。特に腹。

首を起こして見てみたら
出血の多くはどうやら腹みたい。

以下は事故後の経過。

自分の意思と関係なく体がガタガタ震える。
体温は34℃だと救命士さんが電話で伝えてる。
でかいアルミホイルみたいなので包まれる。
意識はハッキリ。
救急車にも波がかぶさってきたらしく激しく揺れる。
あわただしく移動を始める。
”すぐに来れる人は?”みたいなことを聞かれる。
通過点の土地にそんな人いないし。
とりあえずチビに連絡しておいてもらう。


腕時計が壊れてることに気付く。
受け入れ先の病院が決まる。
到着後すぐに看護師さんにパンツを脱がされる。
処置後は当然替えがないので、介護用パンツをはかされる。

検査検査…
飽きてくる。

新住所付近の病院で治療を受けたいと伝える。
許可されて移動。

当たり前だけど
普段はちょっとしたケガでもしっかり治療してくれるのに
事故とかになると比較的軽い怪我の部分は無視なのね…。
こっちの足はノータッチでした。消毒くらいはしてくれたのかな。
めったにケガしないから記念に撮ったけど、
さすがに腹とかは体勢的に無理だった…。

ハァー、仕事しばらく休みたいかも。


↓血画像注意




110901-222408.jpg













110902-111147.jpg

3日ほど前から
出張で仙台に来ています。

日程が突然決まって突然来たので
新幹線も指定席なんか取れるわけがなく
盆の帰省ラッシュに見事に巻き込まれました。
牛タンも食いたいけど面倒で
ホテル近くの吉牛でドンヨリと牛丼食ったりしてます…。
ああっ早く帰してくれっ。








納得いかないのは
誕生日のイベントも終わって日が経つというのに
なぜ彼女らは
私の部屋に我が物顔で出入りし続けるのかということ。
110801-214619.jpg



彼女らを”チビ”と”姫”と呼ぶとして
この日、
私とチビは仕事が休みで買い物へ。
夕方には解散のはずだったのに、
レンタル屋で借りたホラー2本を見ると言い張って部屋に侵入。

エグいシーンの度に目を背けて
しまいには見てない。
苦手ならなぜホラーなんぞ借りたのか…。

途中で仕事を終えた姫から
チビのケータイに連絡が入り

「今ねー、怖いDVD見てる。おいで~」と、

自分の部屋にでも呼ぶようなチビの言葉に呆れていたら
間もなく姫到着。

完全に自宅モードで鑑賞する姫と
怖さで姫にしがみつくチビ(上画像)。

一本見終えて
休憩中に腰痛が辛いとボヤいたら
マッサージの話題になり
110801-224342.jpg


揉んでもらいたいのに
揉まされた。
一度職場を離れると上司という意識は皆無の模様。

2本目を見終えて姫帰宅。

そんで…
なぜお前は帰らんのだ…
110801-230644.jpg



揺すっても引っ張っても起き上がる気ゼロ。
親御さんに連絡。
「いつも大変御迷惑を…」とおっしゃられるお父様。
そう恐縮されては
ええ、大変迷惑です、なんとかして下さい。とは言えんわな…。

結局泊める→朝起きねー。
叩き起こして飯を食わせる→食いながら寝る。
昨日風呂に入れてないので風呂場にブチ込む→出てこねー。

前回、彼女らを大好きだと言ったことは
そろそろ訂正せねば。



先日誕生日をむかえて
ついに三十路に突入しました。

その日の夜は思わぬイベントが用意されていて、
私の担当しているエリアの中でも現在の住まいに一番近い店舗のスタッフ達が
アパートに乱入、
勝手に調理開始、
完成とともに壁の薄い部屋でクラッカー発砲という暴挙に出た挙句、
食べ終わって腹いっぱいの私に
タコの代わりに大量のカラシやチョコの入った
全然ハッピーじゃないタコヤキを作って食わせてくれました。
110725-200255.jpg
この時すでに
彼女らは全員メイクを落として
完全なすっぴん。
その上
「部屋着に着替える」と言って
着替えだしたのは私の服。
もう少しくらい
男性として意識してもらいたい。

その後、まだ腹が落ち着かないうちに
「のど自慢大会開催」の宣言があり、
カラオケボックスで2時間ノリにノリまくった彼女らは
その後私を浜辺まで連行。
ズブ濡れになるまで騒いで
110726-011259.jpg


結局これ、
花火がしたかったらしいです。

本来、この日の私は
ローソクに点火してもらう立場なのに
ひたすら連中の花火に点火して回る係。
一本残らず燃やし尽くして
いよいよ解散かと思いましたが
ついに部屋に泊めろと言い出した…。
未成年者が多いため
親御さんへの連絡に追われる私。
…誕生日ってなんだっけ。
最後の電話を切ったらそこでは
異常なテンションのトランプ大会が始まっていました。
寝てくれたのは外が明るくなってから。

なんだかんだ
こいつらは私を慕ってくれて
私も気づけば彼女らが大好きになっていて、
一緒に過ごせる残りわずかな時間を大切にしたいという気持ちは
この夜、誰も口に出さなくても共有していた気がします。

みんな、本当にありがとう。






HOME次のページ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(11/29)
(09/27)
(09/14)
(09/02)
(08/15)
(08/04)
(07/27)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Ken@Cloud6
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
Copyright©  つぶやき飯店 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 中華素材*ASIAN SOZAI
Template by わらみ~
忍者ブログ [PR]